携帯ページ

店長日記

こんにちは!店長の松浦です。

こんにちは!店長の松浦です。


ネット通販部門(一人ですが)を担当しています。

お菓子好きの4人のお母さんです。

二度手間、失敗は日常茶飯事で性格上、サクサクと仕事が

できませんが足をひっぱらない様、頑張ります!


ネット店舗に関してご意見・ご要望がございましたら

どしどしお申し付けください!

店長日記はこちら >>

HOME»  contens»  和牛の種類

和牛の種類

褐色和種
褐色和種
明治40年に、熊本県の阿蘇地方の在来種に、シンメンタール種のオスを交配し、改良されました。たいしょう12年には肥後牛として登録事業が開始されました。高知県では古くから朝鮮牛が飼育されていましたが明治39年からシンメンタール種との交配し、その後、朝鮮牛のオスを用いて改良を進め、昭和41年から登録を開始しました。昭和19年、これら褐毛和種として認定されました。
 
無角和種
無角和種
大正9年に山口県阿武郡の在来和牛をアバーデンアンガス種、一代雑種のオスによる改良が続けられ、大正12年には登録が開始されました。昭和5年のは、アバーデンアンガス種のオスを輸入してさらに改良し、無角防長種として名を高め、昭和19年に無角和種として認定されました。
 
日本短角種
日本短角種
東北北部原産の肉洋種で、古くから南部牛と呼ばれ運搬作業に使役されていました。明治4年ショートホーン種、デイリーショートホーン種を交配し改良が進められました。昭和18年に褐毛東北種と呼ばれる牛が誕生し、昭和32年に日本短角種として登録を一元化しました。
 
黒毛和種
黒毛和種

中国地方で古くから飼われていた在来種に洋種をかけ合わせ、改良し役肉兼用種(農耕に使った後肥育する)として利用していました。明治に入ると牛肉の需要が増え、明治33年にシンメンタール種、エアシャー種、ブラウンスイス種などを輸入して交配しました、大正時代に入って改良品種で商標を定め、改良努力が続けられ、昭和12年に登録組織が一元化され黒毛和種という名称認定されました。役用牛としての役目がなくなった近年は、産肉能力の改良が著しく進み、肉質は極めて優れ、美しい模様の「霜降り肉」を生産します。